そもそも英検とTOEICの違いは何?

自分の英語の能力を知るためには、TOEICと英検がある。
TOEICに合否判定はなく、点数のみで能力を図る。また世界共通の試験である。英検は、級数によって試験が分かれており合否判定が出る。そして、日本だけの試験である。ざっくりといえば、これが大きな違いであろう。

試験内容は、英検は級数によって違うので何とも言えないが、TOEICの場合は、リスニングとリーディングに分かれている。

英検は級数があって、目指す級数に合わせた教材を探して勉強することになるだろう。
でも、TOEICはどうでしょう?共通の問題だけに、対策は難しそう。

でも、TOEICでも自分の英語能力に合わせて、英語教材を選ぶことができるようだ。
まず、自分の英語能力を見極め、その能力にあって普段の生活に当てはめた時に無理なく勉強できそうな教材を選びたいものだ。

英検は、日本だけの検定試験だが、就職や転職の際、ほとんど企業の条件欄に書いてあるのは、「TOEIC○○○点以上の方」とある。TOEICの高得点は就職にも有利ということか。